心臓ドックで心筋梗塞予防|メニエール病や更年期障害のアレコレも!

医者

何の前触れも無く訪れる

病院

メニエール病とは、強い回転性のめまいや吐き気、耳鳴りなどを発症する病気の名称です。これらの症状は何の前兆も無く現れるので、非常に怖い病気と言えます。このメニエール病は、現在直接的な原因が解明されていません。ただ、内リンパ水腫に関するものが原因が有力ではないかと言われています。ストレスの蓄積が原因であるとも言われていますが、これらはまだ推測の域を脱していません。性別や年代に関係なく発症する症状ではありますが、30~40代の男性がかかりやすいということが判明しています。

メニエール病とよく混同されがちなのが「メニエール症候群」です。これらは似て非なるものとして確立しています。メニエール病は、「内耳のリンパ水腫が原因で起きるもの」として位置づけられています。メニエール症候群は「原因不明で、メニエール病のようなめまいが出る病気」として位置づけられています。

メニエール病による症状は実に様々です。頭痛や難聴、耳鳴りやめまいなどが同時に発生し、立っていられない状態ととなります。症状の度合いによっては、嘔吐や難聴を起こすこともあります。症状が出ている時間もバラバラで、数分で収まることもあれば数十分続くこともあります。これらの症状は前触れも無く急に発生するので、運転中や歩行中はすぐに動きを止め、落ち着くまで安静にしておきましょう。落ち着いたら早めに病院に診せに行くとよいでしょう。いつ再発するか分からないので、処方された薬を常に持ち歩いておけば安心です。