心臓ドックで心筋梗塞予防|メニエール病や更年期障害のアレコレも!

医者

治療と手術について

看護師

心筋梗塞は、死に繋がる病気を併発する可能性を持っている、非常に怖い病気です。心筋梗塞は早期の治療が重要となります。現在、「風船療法」と呼ばれる治療法と「冠動脈大動脈バイパス移植術」と呼ばれる手術が適応されています。

読んでみよう

何の前触れも無く訪れる

病院

メニエール病は、何の前兆もなくめまいや耳鳴りといった症状が訪れる怖い病気です。原因は内リンパ水腫に関係があると言われていますが、まだはっきりとした理由は解明されていません。

読んでみよう

最近の心臓の検査

男性

専門検査が必要とされます

心臓疾患は、突然発症することがあります。日頃目立った自覚症状がないことも多く、ある程度の年齢に達したらしかるべき検査を受けておくことが大切です。これまで心臓の検査は、動悸や息切れなどの症状が見られた場合に初めて行なわれる傾向がありました。従って、無症状のうちに病変を発見することが難しかったと言えます。現在では、心筋梗塞や狭心症を始めとする生活習慣病の増加で、徐々に心臓の総合検査が医療機関でもスタートされています。心臓ドックを実施する医療機関も増えており、病気が起こる前に異常を見つけることが可能です。今後は、効率良く病気を発見出来る心臓ドックのような専門検査がさらにニーズを高めていくと予想されます。

検査内容をチェックします

心臓の状態は、一つの検査方法では中々把握出来ないのが本当の所です。心臓は筋肉組織と血管が複雑に絡み合っているため、あらゆる角度から状態を観察する必要があります。拍動のリズムや血管の状態も心臓の機能をチェックする際の重要なポイントです。最近の心臓ドックではこういった心臓の複雑さを踏まえ、効率の良い検査を実施しています。医療機関によっては、疑われる病気やリスクの高い病気にポイントを絞って心臓ドックのメニューを選ぶことが可能です。実際、複数の検査を組み合わせることによって、より正確に病気の有無が分かります。ですので心臓ドックを受ける際には、得られる結果の内容や発見出来る病気を予め確認しておくのがコツです。

どの病気に関しても、総じて言えるのは「早期発見」と「早期治療」が大事だということです。更年期障害は加齢や閉経によって引き起こされます。体調が少しおかしくなったり、もしくは周囲から自分の気性について何か言われるようになったりしたら、すぐに病院に行くようにしましょう。心筋梗塞やメニエール病のような、早期発見が難しい病気は、早期治療が極めて重要となります。人の手が必要になるほど重い症状が出てくることもあるので、そのような場合はすぐに周囲の人に協力してもらうようにしましょう。

いろいろな症状を予防する

女性

更年期に差し掛かると、心身に様々な症状が現れます。日常生活に支障が出てしまうような症状が出ることもあるので、早めに予防、改善をしておく必要があります。対策法として最も効果があるのは、日常生活の見直しです。

読んでみよう